| +英語+英会話無料素材100点 | kozue jinnouchi | A+ILLUSTRATIONS! |
「成長していく子供達に、英語を楽しく身につけて欲しい」そんな願いから、講師、イラストレーター、カウンセラーと音楽家が結成して創るブログ。英会話講師へのレッスン・サポートや、教育者人生コラム等満載。

CALENDAR

05 < 2017/06 > 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

RECENT ENTRIES

COMMENTS

TEACHER BBS

英会話講師をされている方が、自由にレッスン内容アイデアや、質問を書き込めるコーナーです。参加希望の方はこちらからメールアドレスをご記入の上ご連絡下さい

CONTACT

ブログに対するご意見・ご要望・ご質問等を、お待ちしております。

WEATHER FORECAST


-天気予報コム- -FC2-

スポンサーサイト

-------- (--) --:--[ 編集 ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お手伝いカード

2011-09-24 (Sat) 16:54[ 編集 ]
敬老の日や父母の日も今年は終わりましたが、保護者の方の誕生日などカードで英作文を作るように、生徒さんにはしてもらっています。ただ宿題として英文を書くよりも自分をまずは表現する。身近にいる人に感謝する。13年間アメリカ留学していましたが、結局卒業論文以外では英語で文を書くときというのは、お堅い文というよりも、感謝状にしても仕事でのコントラクトにしても、決まり文句を並べるようなメールばかり。これを知っているのと知らないのとでは、やはり仕事をする時間差が出てきますし。

ということで、生徒さんには宿題としてではなく、カード作りや絵日記を通して英文を書く練習をしてもらっています。

長くなりましたが、今日のテーマはお手伝いカード。

もちろんインターネットであふれんばかりのお手伝いカードのテンプレートはありますが、はっきりいってあまり「使いたい!」というのはほんの一握り。同じのばかり使用していると「またこれ?」的な顔を生徒さんは、しっかり見せてくれますし。

今年活用したのは100円ショップで売っているこれ。
ticket2.jpg

まあディズニーなら無難(20人に一人は、ディズニーほんまに大好きっ子がいます)ということで。

硬い段ボールの厚さのチケットで、なかなか優秀。100円とは思えない良さでした。
ticket1.jpg

もちろん日本語のシールもくっついているのですが、自分で英語で書ける、というのがポイント。massage your shouldersやget up earlyなどとにかく何を自分でしたいのか、というフレーズエクササイズにもなって、重宝しております。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

(C) サポーター All Rights Reserved.
template by mayu* / icon by 彩(あや)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。